継母を結婚式に招待するも「目立たないで」 実母思いの花嫁の提案に物議

実の母親を思いやるがゆえに、継母に敵意を向ける女性。結婚を前にジレンマを明かした。

嫁・姑・母・娘・親子

若い浮気相手に夫を奪われ、自信を喪失した母親。その娘が結婚することを決めたが、式を前に悩んでいるという投稿を、『The Sun』などの海外メディアが紹介している。



 

■離婚した両親

海外で暮らす女性の両親は相性が悪く、互いへの愛情も冷え切っていた。父親はいつしか離婚を望むようになり、浮気するように。女性の妹が18歳になるのを待って母親と別れ、15歳年下の美女と再婚した。

女性はその後に恋に落ち結婚が決まったが、祝福してくれるはずの母親はあることにこだわり、女性を困らせるようになった。


関連記事:異母妹の食生活を心配する女性 「父親の再婚相手がビーガンで…」

 

■継母を招待することに…

父親の立場を考えた女性はしぶしぶ継母を式に招待したが、それを知った母親は「絶対にイヤだ」と泣いてばかりいるという。母親は、自らを継母のように美しくもなく若くもないと思い、しかも夫を奪われた立場であることから、ひどいコンプレックスに苦しんでいるのだ。

そんな母親を見て、女性も継母のことをさらに憎むようになった。「式の日に、継母が母親より美しく目立つことは絶対に許せない」と考え、いくつかのルールを決めて父親に伝えることにした。

ステップファミリー 子どもから見た離婚・再婚 (角川新書)【Amazonでチェック】

次ページ
■父親はルールに困惑
結婚式離婚浮気コンプレックス話題reddit記念写真継母翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング