高畑裕太、独占告白「本気でやりたいと思った」 初めて語った介護と遺品整理の仕事

2016年以降、表舞台から姿を消していた高畑裕太。6年間のことを赤裸々に語った…。

2022/05/22 04:00

高畑裕太

「ちょっと緊張しますね…」──。5月某日、約束していた都内某所に現れた高畑裕太は冗談交じりに話す。緊張するのも無理はない。高畑がメディアの取材に応じるのは、「あの日」以来初めてだったからだ。

ひそかにこなしていた遺品整理と介護の仕事、2019年に芸能界に復帰した際の心境…。高畑のインタビューを2回に渡って詳報する。

【写真】介護の話をする際は笑顔を見せて…


画像をもっと見る

 

■「社会復帰するため」

高畑は女優・高畑淳子の長男で、12年のドラマ『あっこと僕らが生きた夏』(フジテレビ系)で俳優デビュー。15年にはNHK連続テレビ小説『まれ』に出演し、広く認知された。

天然なキャラクターでバラエティでも人気を博し、芸能生活が軌道に乗り始めていた。しかし、16年に強姦致傷容疑で逮捕され(後に不起訴処分)、世間に衝撃を与えた。

高畑裕太

しばらく表舞台から姿を消していたが、ひそかに遺品整理のアルバイトをしていた。

「保釈されてから精神病院に入院し、1年ほど海外でバックパッカーをしました。帰国して、賠償金などで支払いをしてお金が必要だったのと社会復帰するためにバイトをしようと思いました。僕はONEOR8という劇団の芝居がすごく好きで、以前その劇団が特殊清掃をテーマにした舞台をやったことがありました。その芝居を見て興味を持っていたのと母親が遺品整理のドラマに出ていたこともあって、やってみようと思ったんです」。


関連記事:高畑充希、初エッセイ集に照れまくり 「矛盾した感情とずっと戦ってます」

 

■「怪現象」にも遭遇

亡くなった人の家を掃除するのは、ときに家中ゴミの山だったり、乾いた遺体が灰になってしまって大変だったそうだが、やりがいがあったという。

「芸能界に入る前にいくつかバイトをかけ持ちしたこともありましたが、それはお金を稼ぐことが目的でした。遺品整理のバイトは、自分で選んで働きたいと思って始めたんです。亡くなった人の家を整理して、生きていた痕跡を見て、他人の生活を垣間見るなど刺激的な仕事でした」。

ただ、「怪現象」に襲われたことも。「ポルターガイスト現象が起きたんです。遺品整理の現場では、ご家族の許可をいただければ、遺品をもらえることがありました。当時、僕は一眼レフカメラで写真を撮ることにハマっていたので、現場にあった立派なカメラを持って帰ろうとしたんです。その瞬間、突然テレビがついて…。周りの人は誰もリモコンに触ってなかったので、驚きましたよ」。

次ページ
■出勤初日、まさかの「トラブル」

NHK連続テレビ小説「まれ」DVD【Amazonでチェック】

俳優介護高畑淳子高畑裕太遺品整理特殊清掃
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング