1日2個のビッグマック生活が満50年を迎えた男性 3万個食しギネス世界記録に認定

他のハンバーガーももちろん食べてみたが、ビッグマックほどには愛せなかったそうだ。

2022/05/22 04:30

ビッグマック

アメリカ・ウィスコンシン州の「何よりビッグマックが大好き」と公言する男性。昨年8月には、通算で3万個以上を食べたとして『ギネス世界記録』に認定されていたが、その年数もすごいことになったようだ。

『Guinness World Records』に続き、『abc News』『NEWSWEEK』などが伝えた。



 

■飽きることを知らない

食の好みは幼いころから変わらないという人は多いが、さすがに同じものを毎日食べ続けていると、ある瞬間から「もう飽きた!」となってしまうのではないだろうか。

しかし、なかにはこの男性のような例も。ウィスコンシン州フォンデュラック在住のドナルド・“ドン”・ゴースクさんは、今なお毎日マクドナルドに通いつめている。目的はただ1つ、ビッグマックだそうだ。


関連記事:ザキヤマが“世界一”と評するマックのソースとは 「1回食べてもらいたい」

 

■1972年5月17日、その虜に…

父に手を引かれて通っていた幼い頃は、ハッピーセットばかり注文していたというドンさんだが、1972年5月17日に初めてビッグマックを口にし、その美味しさにとりつかれてしまった。

1日に2個のビッグマックを食べる生活に、「今に体がおかしくなる」と言われることもある。するとドンさんは「50年でも食べ続け、元気で長生きするところを見せてやろう」とむしろ発奮してしまうという。

次ページ
■個数もすごいが年数もすごい

改訂版! 人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった【Amazonでチェック】

ハンバーガーマクドナルド話題ビッグマックギネス世界記録翻訳記事ドナルド・ドン・ゴースク
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング