上原浩治氏、二刀流登板の中日・根尾昂選手に直言 「今すぐ投手は厳しい」

野手登録ながら21日の試合でマウンドに上がり150キロを投げた中日・根尾昂選手。上原浩治氏はどう感じたのか?

2022/05/22 11:10

上原浩治

22日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、上原浩治氏が21日の試合で野手登録ながらマウンドに上がり、150キロのストレートを投げ込んだ中日ドラゴンズ・根尾昂選手について解説した。



 

■野手登録の根尾選手がマウンドへ

番組は根尾選手が21日の広島東洋カープ戦で、大量リードを許した9回に投手としてマウンドに登った様子を紹介。

1安打を許したものの、150キロのストレートの投げ込み、1イニングを無失点で切り抜ける様子が放送される。現在は野手登録ながら、高校時代甲子園で投手として活躍しているだけに、ネット上では「投手・根尾」に期待する声も少なくない。


関連記事:上原浩治氏、鈴木誠也選手を独自分析 達川光男氏は「飯が食えれば大丈夫」

 

■上原氏は「野手のなかの根尾選手」

この日のゲストで前福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康氏は「二刀流を大谷君がやっているように、日本人が二刀流というのもあってはいいのかなと思います。彼はバッティングもいいし、150キロを投げているって考えれば、その可能性を引き出すというのは、ありかなと思います」とコメント。

一方、上原氏は「ピッチャーとしての根尾くんというより、野手のなかの根尾選手ですよね。ピッチャー陣を休ませるためにというところですよね。点差が開いているときしか、使うところはないんじゃないかなと思います」と語った。

次ページ
■ピッチャーは「2、3年必要」

上原浩治『OVER 結果と向き合う勇気』【Amazonでチェック】

TBS上原浩治関口宏サンデーモーニング根尾昂工藤公康
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング