横浜の人気寿司店がまさかの「親子丼」発売 使用する食材がスゴい

横浜市の人気寿司店がまさかの親子丼発売。使われている食材はなんと「クリガニ」。

2022/05/27 05:45

高品質なマグロのカマトロを贅沢に使用した「かまとろ丼」ランチが評判の、横浜市都筑区にある人気寿司店「湯島寿司」が、また面白い丼を本日から提供予定だ。

その丼とは、まさかの「親子丼」。しかし、寿司屋の親子丼なだけあり鶏肉は不使用。それではいったいどのような親子丼なのだろうか?


画像をもっと見る

 

■いまが旬のクリガニを使用

使われている食材は、なんと蟹。しかも、いまが旬まっさかりである青森県産の「クリガニ」という、毛蟹に似た蟹を使用しているのだ。

クリガニは毛蟹の食感そのままにマイルドにした感じの味で、味の濃い内子とカニミソが入っている。茹でると美味しそうな赤色になるのも特徴のひとつである。


関連記事:横浜の超人気寿司店が「究極の丼」を作るため福島県へ その足取りを追った

 

■オスよりも高価なメス1匹を贅沢に

しかも、湯島寿司で使用するクリガニはオスよりも高価で身や味噌がたっぷりと詰まっているメスを丼ひとつに丸ごと1匹使用する。そのため、内子とその親蟹の身が使われているという、正真正銘の親子丼なのだ。

テーマだけでワクワクしてしまう丼だが、はたして気になる味は…? 大将が作るのを楽しみに待つ。

次ページ
■豪華「クリガニの親子丼」

青森期待の新人商店 カニ ボイル 毛蟹 1kg トゲクリカニ メス 1キロ【Amazon】

青森県親子丼神奈川県横浜市湯島寿司都筑区クリガニ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング