オートバイの「ナンバープレート」を取得した男性 まさかの語呂合わせに衝撃走る

オートバイのナンバープレートを取得した男性。驚きの語呂合わせにネットでは笑顔になった人が続出。

2022/05/28 04:00

個々の車両を識別する役割のある「ナンバープレート」。犯罪や事故の対応にも役立つため、公道を走る車両には必ずつけなくてはならない。

現在ツイッター上では、オートバイのナンバープレートを取得した男性の投稿が話題になっているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】ナンバープレートには坂戸市の○○と…



 

■まさかの語呂合わせに…

「取り敢えずナンバー取ってきたけどとんでもない語呂合わせになったぞ」とコメントを添え、ナンバープレートを写した1枚を投稿したのは、ツイッターユーザーのペリカンさん。よく見ると「坂戸市 の 893」と記載されている…。そう、語呂合わせすると「坂戸市のヤクザ」と読めてしまうのだ。

オートバイには自動車のように、好きな番号を選べる「希望番号制度」がないため、自ら希望してナンバープレートの番号を893にすることはできない。それだけでなく、ひらがなの「の」までつくなんて…さぞかし驚いたのでは。このオートバイで公道を走る際には、道を譲る人が続出しそうである。


関連記事:車の”後ろ姿”が顔に見える? 劇団ひとりの即興絵に「めっちゃ分かる」

 

■笑顔になった人が続出

ペリカンさんの投稿にネットでは、「これはバカウケ」「笑った。このナンバーはなかなか貰えないね」「思ったよりとんでもない語呂合わせで鼻水吹いた」「助詞までw」など、思わず笑顔になった人が続出。

他には、「うぉぉぉ! 私は富山の893です」「じつは私もゲットしましたが、あまりにもいじられるので返納しました」など、同じ番号だったという人も…。

次ページ
■当時の心境を聞いてみると

アメリカン雑貨のナンバープレート【Amazon】

自動車バイクナンバープレート語呂合わせオートバイ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング