高畑裕太、独占告白「僕にとっての家を守りたい」 芸能界復帰の葛藤と劇団立ち上げの思い

2019年に芸能活動を再開した高畑裕太。現在の仕事への思いを聞くと…。

2022/05/29 04:00

高畑裕太

2016年に強姦致傷容疑で逮捕され(後に不起訴処分)、表舞台から姿を消した高畑裕太。そんな彼が初めてSirabee編集部の取材に応じた。遺品整理や介護のアルバイトをしていたことを明かした高畑。

長い道のりを経て芸能界に復帰したが、そこにはさまざまな葛藤があったようで…。

【写真】真剣な表情を見せる高畑


画像をもっと見る

 

■「復帰するのに引け目が」

高畑裕太

高畑は、19年に東京の下北沢(東京都世田谷区)で上演された舞台『さよなら西湖クン』に出演し、3年ぶりに芸能活動を再開。同舞台は、かつての所属事務所の和田憲明が演出を務め、彼のワークショップに参加する形でオーディションを受け、演技力を評価されたことでステージに立った。

周囲から期待されていたことがうかがえるが、表舞台に戻るのには葛藤があったという。

「不祥事を起こしてから復帰するのに引け目がありました。演技を3年やってなかったブランクもあったので、不安でした。僕が復帰することで『世の中の人たちから何か言われるのではないか』、『自分なんかが表舞台に立っていいのか』と思っていましたね。犯罪者と言われて、そのイメージが自分の中にのしかかっていたんです。それでも、応援してくれた人たちの期待に応えなければいけないというプレッシャーもありました。そういう期待に耐えきれなくなりそうで、ギリギリの精神状態でした…」。


関連記事:高畑充希がデビュー当時の自分に伝えたい言葉 「イジられているうちが華」

 

■以前から演劇に興味が

高畑裕太

そんなプレッシャーを乗り越えて、演劇の仕事ができたのはうれしかったという。

「16年までは、ドラマやバラエティの仕事が中心でしたが、もともと演劇学校出身なので、演劇をやりたいという気持ちがありました。だから、下北沢で舞台に立てたのはうれしかったです。いろいろな経緯があったにせよ、お客さんに喜んだり、感動してもらえて、遺品整理、介護、そして舞台と1つ1つの記憶がしっかり残っていて、そこに物語があることを感じます。だから、こんなふうに対面で自分の話をすると、話したいことがたくさんあるんですよ」。

そう語る高畑の目からは力強さが伝わってくる。

次ページ
■「文章にして書くのが好き」

NHK連続テレビ小説「まれ」DVD【Amazonでチェック】

俳優舞台劇団高畑淳子高畑裕太ハイワイヤ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング