千鳥・大悟、ノブのバカップルエピソード暴露 「拾って読むやつ許さない」

学生時代にラブレターを渡そうとしたノブ。「これを拾って読むやつは絶対に許さない」と書いた理由は…。

2022/05/29 07:05

千鳥・大悟・ノブ

お笑いコンビ「千鳥」の大悟が28日放送の『千鳥かまいたちアワー』(日本テレビ系)に出演。出演者で相方・ノブの学生時代の恥ずかしいエピソードを暴露した。



 

■ラブレターに「拾って読むやつは許さない」

同級生だった今の妻に、封筒に入れたラブレターを渡そうとしたノブ。封をした部分には「これを拾って読むやつは絶対に許さない」と添えていた。

大悟によれば、ノブは学校で渡そうとしていたらしく「落とした用に書いてんねん。もし学校で落としたときに、拾って読まさないように」と、もしものときのことを考えて書いていたという。暴露されたノブは「そんなとこ覚えるな!」と赤面した。


関連記事:本田翼、『ゴチ』での千鳥・ノブの裏切りに恨み節? クビをかけた最終戦で…

 

■FAXで送っていた“詩”

さらに大悟は「こいつ家からFAX送ってた」とも。ノブは携帯電話やポケベルを所持していなかったため、妻とのやりとりはFAXだったと説明する。

ノブが妻に送っていたFAXの原本を、大悟は見たことがあり、そこにはこんなタイトルが。「何もない公園 ただ君といる公園には意味がある」。

タイトルのあとには「君と乗るブランコには意味がある 君とすべるすべり台には意味がある」と詩がつづられており、「ブランコ」と「すべり台」のみ赤文字だった。「でもFAXで送っているから全部黒やねん」と大悟はイジった。

次ページ
■ノブ自虐「めちゃめちゃバカップル」

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

ラブレター千鳥FAXノブ大悟千鳥かまいたちアワー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング