妊娠後期の頭痛で脳に血管の奇形が発覚 医師団が的確な治療で母子の命を守り抜く

女性は妊娠34週のときに激しい頭痛を経験。なかなか治らず、不安で病院を受診した。

2022/06/02 06:30

妊娠・妊婦

ある女性がこのたびメディアの取材に応じ、「本当に大変でしたが、今こうして生きていられることは奇跡だと思っています」と話し、かわいい赤ちゃんを抱きしめる写真を公開した。

今年1月、激しい頭痛に見舞われたことがきっかけで、ずっと順調だった妊娠が大きく様変わりしたことを、『Metro』『Inside Headline』などが報じている。



 

■妊娠後期に激しい頭痛

イギリス・ノーフォーク州のノリッジに暮らすサラ・ピルグリムさんは、おなかの3人目の子供が妊娠34週だった今年1月、夜中に激しい頭痛で目が覚めた。痛みが治らないことから不安になり、病院を受診したという。

出産が近づくにつれ血圧は上がるものだが、時に命にかかわるほど高くなる人もおり、腎臓の機能、出産時の出血量にもかかわってくる。さらに産後は育児の疲労も加わるため、妊娠合併症や頭痛は軽視できないのだ。


関連記事:10代女性が帝王切開で出産 4キロ超の赤ちゃんを産むも大出血し死亡する悲劇に

 

■脳動静脈の奇形に動脈のコブも

ケンブリッジ大学医学部アデンブルック病院で精密検査を受けたサラさんは、脳内に異常な血管のもつれがあることが発見され、「脳動静脈奇形 (Arteriovenous Malformation:以下AVM)」と診断された。

AVMは異常な動脈と静脈が毛細血管を介さずにつながり、とぐろ状の塊と化す血管の奇形。医師は「治療法としては3年かけての放射線療法、あるいは出産後の手術になる」と告げたが、その直後になんと脳動脈瘤が存在することも判明した。

次ページ
■帝王切開手術の1週間後に…

脳動静脈奇形の息子を持つ母の日記【Amazonでチェック】

妊娠手術頭痛血管帝王切開血圧脳動脈瘤放射線治療奇形脳卒中脳動静脈奇形翻訳記事AVMガンマナイフ塞栓術
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング