『酒のツマミ』戸次重幸の“ガチ節分”に驚き 豆まきが「伝説のステージ」に

3日放送の『酒のツマミになる話』では、戸次重幸が子供に鬼の存在を信じさせるために実行した“大胆な作戦”を明かす。

2022/06/02 15:00


 

■神主・狩野の“体の洗い方”とは

狩野英孝

実家が宮城県の由緒ある神社で、神職の資格を持つ狩野は、年末年始にはお笑いの仕事を休み、神主として大忙しとなる実情を明かす。

「体洗って、袴に着替えて、ご祈祷して…」と順を追って説明していく中、松本から「普段とは違う洗い方があるの?」と問われ、狩野が思わず発した一言に一同は大笑いとなる。


関連記事:貴島明日香、意外な酒豪エピソード告白 「これは使えないかも…」

 

■懐かしの味を自宅で再現

ファーストサマーウイカ

また、ウイカは「もう二度と食べられないけれど、もう一度食べたいものは?」と質問。ウイカ自身は、小学生の頃に駄菓子屋さんで食べていたという“粉焼き”が忘れられず、自宅で再現しようとしたときのエピソードを語った。

吉松 ツン辛 わさび豆 500g 【Amazonでチェック】

次ページ
■夜の貴島は「やばい」?
松本人志狩野英孝フットボールアワー後藤輝基岩尾望貴島明日香戸次重幸ファーストサマーウイカ人志松本の酒のツマミになる話
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング