六本木の社長オススメの「スイカがさらに美味しくなる食べ方」を試してみた結果

六本木の社長がお勧めするスイカの食べ方を試した結果…。

2022/06/02 17:30

日本の夏の果物の代表といえば、やはり「スイカ」。キンッキンに冷やしたスイカはキンッキンに冷えたビールと同レベルに美味しい。

それをさらに美味しくする食べ方を、六本木の「The Breakthrough Company GO」代表でクリエイティブディレクターでもある、三浦崇宏さんがTwitterで語っていた。


画像をもっと見る

 

■その食べ方とは

その食べ方とは、いつも食べているスイカをフォークとナイフで食べるという、上級国民さあふれる食べ方。一般国民である記者には思いもつかなかった食べ方だ。

「人間の舌は鋭角のものに触れると味覚が敏感になるので、ナイフで切ることで角がたくさんできて美味しく感じるのです」とのことだが、はたして本当に効果があるのだろうか…?


関連記事:ヒカキンが油で揚げて美味だった高級フルーツとは… 「一番ポテトっぽい」

 

■真相を探りたい

真相を探るべく、フルーツナイフでカットしたスイカと、フォークとナイフで食べる用に切ったスイカを用意。実際に食べてみることにした。

すいか 完熟 高級 赤秀Sランク【Amazon】

次ページ
■カットスイカから
六本木クリエイティブスイカGO三浦クリエイティブディレクター
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング