小池都知事、3回目のワクチン接種について言及 大規模接種会場では…

定例会見を開いた小池都知事、3回目のワクチン接種と「もっとTokyo」キャンペーンについて言及。

2022/06/03 15:30

小池百合子

3日、東京都の小池百合子都知事が都庁にて定例会見を実施。感染者の減少を推し進めるための対策について言及した。



 

■感染者は減少傾向だが…

会見冒頭、新型コロナウイルスの感染状況について触れた小池都知事。5月26日に発表された新規感染者数の7日間平均(東京都、以下同)は約3,281人だったのに対して、6月2日の感染者は2,335人、7日間平均で約2,261人となっている。

新規感染者は減少傾向にあるものの、「コロナとの戦いはまだ続いておりまして、都民の皆さまにおかれては基本的な感染防止対策の徹底を引き続きお願いいたします」とアナウンスした。


関連記事:小池都知事、緩やかな減少傾向の感染状況に言及 今後の対策については…

 

■新たにノババックスも

感染拡大防止の大きな武器となる、3回目のワクチン接種。東京都の大規模接種会場では、これまでのファイザーやモデルナだけでなく、新たにノババックスを加え、複数のワクチンから選択可能になった。都庁南展望室や行幸地下では予約なし接種も実施している。

小池都知事は、「ご自身と大切な方を守る。そして、安全な社会を作るためにワクチン接種については、引き続きよろしくお願いいたします」と説明した。


■もっとTokyoのトライアル

東京都では、3回目のワクチン接種を終えた人や陰性証明を持っている人に向け、「もっとTokyo」のトライアルを実施(6月10日~7月31日)。宿泊旅行は5,000円、日帰り旅行は2,500円が助成される。

この取り組みについて、「ワクチン接種と感染対策をしっかり行った都内観光の促進に結び付けていきたいと考えております」と小池都知事は語った。

・合わせて読みたい→小池都知事、GW後の感染状況に言及 「積極的に診療・検査医療機関の受診を…」

(取材・文/Sirabee 編集部・Sirabee編集部

人を動かす100の言葉【Amazon】

東京都小池百合子新型コロナウイルス定例会見大規模接種会場
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング