23年間ポテトチップスしか食べられなかった女性 催眠療法で「新鮮な食べ物」に感動

他の食べ物は受け付けず、ポテトチップスだけ…。超偏食で生きてきた女性が、催眠療法で苦手を克服?

2022/06/04 12:00

ポテトチップス・ポテチ

人生のほとんどの食事をポテトチップスで済ませていた女性が、「催眠術」によって初めて適切な食事を取ることができた。『Newsweek』『Westside Gazette』などの海外メディアが報じている。



 

■お弁当もポテトチップス

イギリスのコベントリーに住む25歳のゾーイ・サドラーさんは、幼児の頃から23年間、バターを塗った白パンに、チーズとオニオン味のポテトチップスを食べ続けている。

食べ物を口に入れるのを嫌がる赤ん坊だったというゾーイさんが口にできたのは、柔らかくなるまで吸っていたポテトチップスのみ。小学校に通うようになっても、お弁当はポテトチップスのサンドイッチで、毎日それだけを食べていたという。


関連記事:店頭にずらり並んだポテチ、何かがおかしい… 予想外すぎる「正体」に称賛相次ぐ

 

■他の食品は興味なし

同じポテトチップスであれば、時々違うフレーバーを試してみることもあるというゾーイさん。一般的な食べ物のほとんどに興味を示さず、「あまり食べたいものがないので、私にとってクリスマスはいつも大変でした」と過去を振り返る。

しかし、1日に2袋のポテトチップスを食べる生活が体に良いはずもなく、本格的に体調を崩してしまった。

カルビー ポテトチップス うすしお・コンソメパンチ・のり アソート 1008g(28g×36袋)【Amazonでチェック】

次ページ
■催眠術で苦手を克服
催眠術ポテトチップスセラピストイチゴイギリス翻訳記事催眠療法多発性硬化症
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング