遺伝疾患ありながら精子提供で15人の子の“父”になった男性 裁判で所業が露見

詳しい事情を知らなかった女性の子供にも、障害が確認された。

2022/06/04 13:30

親子・母・子・赤ちゃん・抱っこ

SNSで妊娠を望む女性たちに接触し、精子を提供していた男性。遺伝性の疾患があったことを、『The Sun』などの海外メディアが伝えている。



 

■同性愛の女性たちに接触

イギリスで暮らす男性(37)は、SNSで「精子を提供します」と宣伝。子供を望む同性愛の女性たちが男性に連絡し妊娠・出産したが、男性が事前に自分の疾患について説明することはなかった。

男性は知的障害などを伴う「脆弱X症候群」という疾患を抱えているが、これについては遺伝性であることが確認されている。

病院・施設を通しての精子提供は、この疾患ゆえに許されない。それを知っていたために利用したのが、個人的に希望者たちと接触できるSNSだったとみられている。


関連記事:無性愛者の女性が親友の精子で双子妊娠 提供者の妻が事実を知り大騒動に

 

■親としての権利を主張

計15人の子の“父”になったとされる男性は、精子を提供する段階で、子供たちと会うことは望まないと約束していたという。

しかしどういうわけか、4人に対しては親権などを要求するように。女性たちが首を縦に振らなかったことから裁判になり、男性が遺伝性の疾患を持っていること、また女性たちと接触した経緯などが発覚し、大変な騒動になった。

次ページ
■暴力トラブルも…

精子提供者がみた世界と今後みる世界【Amazonでチェック】

SNS話題知的障害精子提供翻訳記事遺伝性疾患脆弱X症候群
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング