「自分は同性愛者?」と悩む男性 彼女がいるのにマッチョな同僚に惹かれ…

自分は男が好き? 同僚に魅力を感じ、恋人との行為も困難に…。

2022/06/04 12:30

友情・親友・男友達

「好きなのは女性」と信じ生きてきた男性が、あまりにも魅力的な同性の同僚に出会い、「もしかして…」と自分のセクシュアリティに疑問を抱くようになった。

そんな男性の深い悩みを『The Sun』が取り上げ、ベテラン回答者のアドバイスとあわせて紹介している。



 

 

■同僚にときめいた男性

海外のコールセンターでアドバイザーを務める男性(31)は、自身を異性愛者だと信じ生きてきた。心から愛する恋人(29)もおり、問題なく交際を続けていたという。

しかし、ある頃から同じ職場で働く同性の同僚(34)を意識し始め、不思議な感情が芽生えたことに気づいた。自分とは違って背はスラリと高く体は筋肉質で、笑顔も魅力的な同僚と接するようになった男性は、恋心に近い感情を抱くようになったのだ。


関連記事:80代の元牧師がゲイポルノ業界で活躍 「性交は自然なこと」と胸中告白

 

■相手にも恋人が…

男性と同僚はたまたま同じジムに通っていることもあり、しだいに親しい間柄に。私生活についても話をするようになり、同僚には女性の恋人と息子がいることも知った。

そういう事実を知ってもなお男性の気持ちはまるで冷めず、いつしか同僚との情事を想像しない限り、恋人と性行為をすることも困難に。またゲイポルノ映画の魅力にも完全にはまり、むさぼるように観るようになったそうだ。

次ページ
■深く悩むようになった男性

ジェンダー/セクシュアリティ (思考のフロンティア) 【Amazonでチェック】

恋人話題同僚同性愛者翻訳記事異性愛者セクシュアリティ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング