ダイアン津田、全身蕁麻疹で目覚める 「地獄のかゆみ 病院行こう」

お笑いコンビ・ダイアンの津田篤宏が目覚めたら「全身蕁麻疹で地獄のかゆみ」と報告した。

ダイアン・津田篤宏

お笑いコンビ・ダイアンの津田篤宏が、4日朝、自身の公式ツイッターを更新。蕁麻疹を発症したことを報告した。

【ツイート】「全身蕁麻疹」発症を報告した津田篤宏



 

■全身蕁麻疹で地獄のかゆみ

津田がツイートしたのは、4日6時32分。「全身蕁麻疹で目が覚めた。地獄のかゆみ病院行こう」と記している。また、原因としては「昨日のしめ鯖か!!」と推測。

さらに、「腫れで顔がひと回りでかいですけどよろしくです!」と、さすが芸人らしく、自身の顔の大きさにひっかけてお笑いネタとした。


関連記事:有吉弘行、妻・夏目さんとの交際を唯一伝えていた人物を告白 「本当の友達だから」

 

■ヒスタミン中毒の可能性

サバやアジなどの青魚、マグロやカツオなどの赤身魚は、体内にヒスチジンというアミノ酸を多く含む。こうした魚を常温で放置したりすると、魚に付着している細菌(ヒスタミン生成菌)の影響で、ヒスチジンが分解されてヒスタミンが生成。

アレルギーに似たヒスタミン中毒という症状を引き起こし、蕁麻疹や発熱、頭痛などにつながる。なお、魚の体内に増加したヒスタミンは、しめ鯖のように酢で締めても減らず、加熱調理しても変化しない。

サバの場合は、アニサキスアレルギーなどの可能性もあるが、より頻繁に起きているのはこのヒスタミン中毒だ。

次ページ
■「病院に急いで」の声

絵でわかる食中毒の知識【Amazonでチェック】

厚生労働省ダイアン津田篤宏蕁麻疹ヒスチジンしめ鯖ヒスタミン中毒ヒスタミン生成菌
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング