カタール王族に嫁いだ美人妻が不審死 娘から父への性的虐待の訴えにも注目集まる

元妻は娘たちの親権をめぐり、王族の夫と10年以上も勝ち目のない裁判に苦しんでいた。

2022/06/05 06:00

ベッド・睡眠

カタールの王族に見初められ、2004年に3番目の妻として迎えられたアメリカ国籍の女性が、このほど自宅で遺体となって発見された。

王族の夫との間に抱えていた1つの問題が浮き彫りになり、不審な死との因果関係にも注目が集まっていることを、『The Sun』『 SKY NEWS』など世界のメディアが報じている。



 

■夫はサーニー家の王族

元妻カシア・ガラニオさん(享年45)の突然の不審死が話題となっているのは、カタールの王族のひとりであるアブデルアジズ・ビン・ハリファ・アール=サーニー氏(73)だ。

父親は1972年から1995年までカタールの首長を務めたハリーファ・ビン・ハマド・アール=サーニー氏。現首長であるタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー氏(41)の叔父にあたる。


関連記事:死刑判決を受けた男が刑務所で自殺 女性惨殺と女児への性的暴行・誘拐の重罪

 

■自宅のベッドで不審死

元夫婦の出会いは、アブデルアジズ氏がクーデターの疑いで1992年にフランスに亡命し、パリで暮らすようになった時のこと。27歳だったカシアさんがアブデルアジズ氏に見初められ、2004年には3番目の妻として迎えられていた。

ポーランド人の血を引く美女として評判だったカシアさんは、スペインのリゾート地であるマルベーリャの自宅のベッドで、5月29日に遺体となって発見された。

パリの家庭裁判所で起こしていたわが子の親権をめぐる裁判について、「棄却」という悪い知らせが飛び込んだ直後のことだった。

次ページ
■勝ち目のない裁判に苦しむ

カタールに行ってみた 旅行記コミックエッセイ【Amazonでチェック】

家庭裁判所話題スペインうつ病性的虐待翻訳記事カタール薬物過剰摂取パリ市警アブデルアジズ・ビン・ハリファ・アール=サーニー王族カシア・ガラニオ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング