TOKIOが土地を買った福島県西郷村 「日本一のサーモン」が育つ場所だった

TOKIOが土地を買い話題の福島県西郷村で食べられるサーモンが激ウマ。

2022/06/07 06:30

TOKIOが土地を購入し大きな話題となった福島県西郷村は、白河市に隣接する自治体で市街地へのアクセスも良く、住宅街としても人気の場所だ。


画像をもっと見る

 

■「日本一のサーモン」が育つ場所

そんな西郷村の名物はたくさんあるのだが、西郷村名物を語るうえで絶対に欠かせないのが、「日本一のサーモン」が育つ場所、林養魚場があるところなのだ。

林養魚場は1935年にスタートした日本でもっとも歴史のある養魚場で、現在は養殖魚種約10種類、年間生産量約400トンにおよぶ、国内でも最大規模の養殖面積を誇る内水面サケマス養魚場としても知られている。


関連記事:吉野家からヒントを得た「生鮭シャブシャブ漬け親子丼」が激ウマ 依存症になる味

 

■敷地内にはますつり公園が

また、同社の敷地内にはますつり公園があり、観光スポットとしても利用可能。

また、公園内のレストラン「にじます亭」では、食事をすることができ、林養魚場が誇る高品質サーモン「阿武隈川メイプルサーモン」をいただくことができる。

株式会社 林養魚場 阿武隈川メイプルサーモン 特製詰め合わせ【Amazon】

次ページ
■メイプルサーモン山盛り刺身定食
福島県刺身定食阿武隈川福島県特集西郷村林養魚場阿武隈川メイプルサーモンにじます亭
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング