昼間のネカフェが満室で… 快活CLUBがまさかの「進化」を遂げていた

コロナ禍でテレワーク需要が増えたネットカフェ。快活CLUBでは「異変」が…。

2022/06/09 09:25


快活CLUB

かつて「狭くて汚い」「女性が入りにくい」というイメージの強かったネットカフェ。だが、5年ほど前から清潔感を重視したり、完全禁煙や女性専用の店舗が増えるなど、洗練されていた。

最近は、昼間にネカフェを利用する人が急増していて…。

【写真】まるでホテルのような清潔感


画像をもっと見る

 


 

■昼間は満室のところも…

5月下旬のお昼過ぎ、取材を終えてすぐに取りかからなければならない仕事があったため、東京・渋谷駅近くで作業ができるネットカフェを探した。リクライニング席を求めて行ったのだが、どこも満室で4軒回ってしまった。

あるネットカフェの店員によると、最近は昼間の利用者が増えていて、店舗によっては事前に予約しないと入れないところもあるという。ネカフェといえば、終電を逃したときに泊まるイメージが強いが、ここ数年で変化したのだろうか…。


関連記事:ケンタッキー、新発売の「合体サンド」が今回もスゴい… 罪深さ満点で激ウマ

 

 

■利用目的にも変化が

全47都道府県に展開している大手ネットカフェチェーン・快活CLUBを運営する快活フロンティアにここ数年の利用状況を聞いた。「以前は終電がなくなって、始発の電車が動くまでの深夜に利用されるお客様が多かったです。ただ、21年11月の稼働実績によると、主要都心の店舗では深夜0時以降に利用される方は減っています。一方、13時~16時など昼間の利用は増えており、店舗によっては満室になるところもあります。弊社の利用目的に関するアンケート結果によると、テレワークや学習目的が21年5月は男性22.3%、女性27.8%だったのに対して、21年11月は男性25.5%、女性29.2%と上がってきています」(快活フロンティア広報担当者)。

コロナ禍で夜遅くまで飲み会をすることが減り、リモートワークが浸透したことで昼間のネカフェ需要が急増したのだろう。

疲れないワーキングチェア【Amazonでチェック】

次ページ
■「ウェブカメラも貸し出し」
サラリーマンネットカフェ漫画喫茶テレワーク快活CLUB
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ