飛び込み自殺者を轢いた電車運転手の苦悩 ベテラン回答者のアドバイスは…

電車への飛び込み自殺…。運転手が受けるダメージは深刻だ。

2022/06/10 11:00


 

■耐え難い罪悪感

男性を轢いた瞬間を今も繰り返し思い出し、ひどく苦しい思いをしているという運転手。「もし僕がもっと早くブレーキをかけていれば、今もあの男性は生きているのかもしれない」。そんな思いに縛られ、今も目を閉じるたびに男性の姿を思い出してしまうというのだ。

まさに拷問のような苦しみだという運転手は、行き場のない悲しみと罪悪感から解放されたいと強く望んでいる。


関連記事:「自分は同性愛者?」と悩む男性 彼女がいるのにマッチョな同僚に惹かれ…

 

■回答者のアドバイス

この悩みを読んだ『DEAR DEIDRE』のベテラン回答者は、「本当にお気の毒に思います」と運転手に深く同情した。

それと同時に「あなたにはまるで非がないのです」とも伝え、職場の上司と組合に事情を伝え「医師に相談するべき」と提案。男性の症状については、PTSD(心的外傷後ストレス障害)であると説明している。

死を選ぶ人にも深く同情はするが、轢いてしまう運転手の苦しみは長く続く。「死んでしまいたい」と悩んでいる人は、ぜひ誰かに話をするなどして生きる道を選んでいただきたい。

・合わせて読みたい→コロナ感染で意気消沈も翌日にはガッツポーズ 宝くじ当選で男性が億万長者に

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

自殺論【Amazonでチェック】

電車罪悪感自殺PTSD心的外傷後ストレス障害飛び込み自殺翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング