飛び込み自殺者を轢いた電車運転手の苦悩 ベテラン回答者のアドバイスは…

電車への飛び込み自殺…。運転手が受けるダメージは深刻だ。

2022/06/10 11:00

線路

仕事中に、若い男性を轢いてしまった運転手。遺書も見つかり自殺と判明したが、心に大きな傷を負った運転手は立ち直れないままだ。罪悪感にさいなまれる運転手の悩みを海外メディア『The Sun』が取り上げ、回答者のアドバイスとあわせて紹介している。



 

■運転中のまさかの出来事

英国のメディア『The Sun』のお悩み相談コーナー『DEAR DEIDRE』に、このたびある男性(41)が「人を殺してしまいました」と悩みを打ち明けた。

男性は8年前から電車の運転手として働いているが、昨年の夏にスーツ姿の若い男性(26)が電車に飛び込む大惨事に遭遇。あまりにも恐ろしい経験をした運転手が、その日の出来事を振り返った。


関連記事:自転車の男性にあおられブチギレた車の運転手 猛スピードではね重傷負わせる

 

■悲惨すぎる結果に衝撃

その日、線路に立ち自分をじっと見つめる男性を確認した運転手は、慌てて急ブレーキをかけたとのこと。しかし不運なことに間に合わずそのまま轢いてしまい、男性は即死した。

今もなお、男性のうつろな目が頭から離れないという運転手。その後の調べで遺書も見つかったが、運転手は今もなお「男性を殺したのはこの僕だ」と自分を責め続けているのだという。

自殺論【Amazonでチェック】

次ページ
■耐え難い罪悪感
電車罪悪感自殺PTSD心的外傷後ストレス障害飛び込み自殺翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング