「自閉症の息子も外遊びがしたい」 ご近所からの苦情に嘆く母親へ応援の声多数

元気な子供に「静かに」「走らないで」と言うなど無理な話だ。

2022/06/10 19:30

キックボード

「子供は風の子」という表現は、古いのだろうか。ゲームやタブレットが普及し、外で遊ぶことが少なくなった現代の子供たち。週末にもかかわらず、公園がガラガラなことも珍しくない。

そんな中、ある母親の元に、外で遊んでいたわが子について近隣住民から苦情が飛び込んできたという。ちょっと嘆かわしい話題をイギリスの『Mirror』が報じた。



 

■キックボードが大好きな子供たち

子育て世代が集う人気掲示板の『Mumsnet』に、このたびある母親から「子供たちがキックボードに乗っていたら、近隣の女性から苦情がきてしまった」という書き込みがなされた。

外遊びが大好きだという女性の娘と息子。ふたりはキックボードにハマっており、自宅周辺を元気いっぱいに乗り周り遊んでいた。そんなある日、近所に暮らす女性が非常に怒った顔で自宅に現れたそうだ。


関連記事:電動キックボードの規制緩和 「正直イヤ」と事故に怯えるタクシードライバーも…

 

■息子には自閉症が…

投稿者の女性は、そこで「お子さんたちがキックボードに乗るのはいいんだけれど、うちの前を通るのだけはやめてもらえるかしら?」と言われてしまった。歩道ではなく、道路を走らせてとまで注文されたという。

たまらず「キックボードは歩道を走っていいと条例で決められています」と言い返し、息子は自閉症のため、言いきかせても伝わらないことがほとんどであることも説明した。

キックボード キックスクーター 折りたたみ式 2022ver.Up【Amazonでチェック】

次ページ
■「歩道の制限は理不尽では?」
公園自閉症キックボード苦情歩道外遊び翻訳記事Mumsnet
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング