横浜中華街、人であふれ返るも… 「客が戻らない」原因は”新スタイル”か

コロナ禍で横浜中華街はどうなっているのか。現地に足を運んでみると…。

2022/06/10 06:00

横浜中華街

かつて観光やデートスポットとして絶大な人気を誇り、土日になると歩くのも困難なほど大混雑していた横浜中華街。だが、先日、コロナ禍で老舗中華料理店が閉店したという不穏なニュースが。

今、中華街はどうなっているのか。現地に足を運んでみると…。

【関連】シャッターが閉まっているお店も…


画像をもっと見る

 

■人気店がまさかの破産

2日、横浜中華街にある「聘珍樓(へいちんろう)」が横浜地裁から破産開始決定を受けた。同店は1884年に創業し、正統派の広東料理を提供するお店として、中華街のメインストリートである中華街大通り店に本店を構え、多くの人に愛されていた。

聘珍樓

だが、5月15日に移転を理由に閉店することを発表。現在はシャッターが下ろされ、立ち入りできないようになっている。

人気店の破産にショックを受けた人も多かったのではないか。


関連記事:葛飾区で究極の「下町中華」を発見 その美味しさに震えた

 

■中華街にはたくさんの人が…

コロナ禍でどの飲食店も苦境に立たされているのはご存知の通り。老舗料理店も店を畳む中、横浜中華街はどうなっているのか。

中華街

6月初旬、現地に足を運んだ。平日の午前11時、中華街の門をくぐって目を見張った。大勢の人であふれ返っていたからだ。

じつは、記者は緊急事態宣言期間中だった昨年8月、中華街に行ったのだが、その時はお昼時でも人通りはまばらで以前の賑わいが噓のようだった。中華街の店舗スタッフは現状をこう話す。

「たしかにコロナになってから昨年の夏ごろまでは全然人が来ませんでした。昨年末からようやく人が戻ってきた感じです。平日のお昼や休日は人が多いですよ」(中華街の店舗スタッフ)。

次ページ
■「お店に客が入らない」

餃子のたれ【Amazonでチェック】

横浜中華横浜中華街出店聘珍樓
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング