明石家さんま、“NHKほぼ出禁”の真相告白 「次の日、新聞全紙に…」

NHKを“ほぼ出禁”になっており「やっと和解して年に1回だけ番組やってんねん」とさんまは明かす。

2022/06/12 06:45

明石家さんま
(写真提供:JP News)

お笑いタレントの明石家さんまが11日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演。NHKの番組で大炎上した騒動を語った。



 

■NHKは“ほぼ出禁”

この日は、ゲストのランジャタイ・国崎和也がNHKでレギュラーを抱えていることが話題に。すると「出てないっすよねNHK」と共演者から指摘されたさんまは「呼ばれへんだけや! やっと和解して年に1回だけ番組やってんねん。色々あったんや」と叫ぶ。

番組では「公共放送にはほぼ出禁状態」のテロップが。ここからさんまは、NHKを“ほぼ出禁”になった真相を明かしていく。


関連記事:10日放送『さんまとマツコ』1時間SP “洞窟おじさん”加村一馬氏を掘り下げ

 

■収録中にあくび

さんまが同局の『クイズ面白ゼミナール』に出演したときのこと。鉛筆をテーマにした企画が行われたのだが「鉛筆の芯の話をしだしたのよ。鉛筆の芯に詳しい先生が。『鉛筆の芯2B、HBとかあります』とか。芯の素材とか言うとんねん延々」。

長々と20分続いた、共演者による鉛筆の芯の話。「もっと詳しい向こう側を知りたい」と思っていたさんまは肩透かしを食らい、思わずあくび。その瞬間をカメラに抜かれたという。

→Amazonタイムセール祭り9月24〜27日 ポイントアップ&配送料無料商品多数

次ページ
■「なめ過ぎ」と大炎上
NHK明石家さんまさんまのお笑い向上委員会ランジャタイ国崎和也クイズ面白ゼミナール
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング