井上尚弥選手、『ドネア戦』第2Rの複雑な心境を告白 「殴るのはツラかった」

『ワイドナショー』に出演の井上尚弥選手。ノニト・ドネア選手との一戦について本音で振り返った。

2022/06/12 12:10

井上尚弥

12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、プロボクサー・井上尚弥選手が出演。7日にさいたまスーパーアリーナで開催された、ボクシング世界バンタム級3団体統一戦を振り返った。



 

■フィクションを超える一戦

WBC同級王者のノニト・ドネア選手に勝利し、日本人初の3団体統一王者となった井上選手。1ラウンド目、終了間際に右ストレートでダウン、つづく2ラウンド目では左フックでぐらつかせたのち、ロープ際で猛攻、ドネア選手の反撃をかわし左ボディで2度目のダウンを奪った。

漫画『はじめの一歩』の作者・森川ジョージ氏も、自身のツイッターで「フィクションを軽々と超えていく」とコメントしたほどの世紀の一戦。王者となった井上選手のまさかの番組登場とあり、スタジオは歓喜に沸いた。


関連記事:布袋寅泰、井上尚弥選手の功績称え 「冥利に尽きるパフォーマンスでした」

 

■松本人志も大興奮

試合を6回見たという松本人志は、これまでの日本ボクシングの試合の中で「ベストバウトだった」と語るなど、とにかく大興奮。前のめりになり、いくつも質問を投げかける中で、ドネア選手を圧倒したことへの本音について迫る。

ドネア選手を「レジェンド」と慕うなど、ずっと憧れていたという井上選手。それだけに、2ラウンド目で左フックを当てた際、足がもたついたのを見て「もう殴りたくない」と思ったと振り返る。

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

次ページ
■「自分的には勝負ついた」
ボクシング松本人志ワイドナショー井上尚弥ノニト・ドネア3団体統一戦
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング