なんだこれ…新宿駅に一風変わった「自販機」が出現 可能性を秘めた機能性に感動

5月31日、新宿駅に「薬の自販機」が設置された。早速、行ってみたところ…。

2022/06/13 04:15


 


 

■大正製薬に経緯を聞いた

電車で移動中に体調が悪くなった時も、新宿駅で降りて手早く薬を購入して飲めるかもしれない。期待が高まる「薬自販機」を設置した大正製薬に経緯を聞いた。

「ドラッグストアが近くにない場所や閉まっている時間帯でも、必要とする方に一般用医薬品を届ける方法を考えました。2019年の2月頃より、IoT化された自動販売機を用いた薬剤師の新たな販売方法として、本件の検討を開始しました」(大正製薬)。


関連記事:栃木で遭遇した自販機、防御力が高すぎる… 「設置の理由」が最高にエモかった

 

 

■全国展開の可能性は…

今後、新宿駅以外に展開する予定はあるのだろうか。

「まだ具体的な展開は決まっておりません。今回の実証は前例がない中での取り組みであり、店舗付近に設置し、店舗の開店時間中のみの販売となっております。ただ、先にお答えしたシーンでの活用を実現するために今後も関係省庁と議論し、より便利にご利用いただける方法の実現に向け、継続的に取り組んでいく予定です」(前出・大正製薬)。

まだ実験段階とはいえ、広く展開すればたくさんの人の助けになることだろう。

・合わせて読みたい→羽田空港にラーメン自販機が新登場も… 初日に起きた「販売休止事件」

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

保険証ケース【Amazonでチェック】

自動販売機自販機新宿駅ドラッグストア大正製薬
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ