ふかわりょう、少子化の要因を独自分析 「日本は日本人に厳しい」

日本の少子化問題について語った『バラいろダンディ』。ふかわりょうが語った少子化の要因とは。

2022/06/15 00:30

ふかわりょう

14日の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、ふかわりょうが少子化問題について持論を展開した。



 

■明石市で人口が増加

9年連続で人口が増加している兵庫県明石市の現状を紹介したこの日の放送。番組によると、この要因は泉房穂市長がさまざまな子育て支援政策を行い、子育て世代が転入したことが要因なのだという。

感想を求められた内山信二は「育休では少子化は止められないんですよ。もっと現実的なお金のことをサポートしていかないと、少子化は止められないんですっていうのを、この市長が教えてくれてるんですよ」と語る。

そして「これを国会にいる人たちとか、都の人は学んだほうがいいと思う」と訴えた。


関連記事:遠野なぎこ、大島由香里の行動に一言”物申す” 一触即発の雰囲気に

 

■大島由香里が現状に憤り

大島由香里は「単純に考えて、これからの未来を担う子供たちになんで投資をしないんだろうって思うんですよね」と指摘する。

続けて「日々子育てをしていても、補助金は減る一方で所得制限がついたりとかっていう、いろいろ削られて物価は上がって、子育てにお金がかかるなかで、そりゃ子供を産みたくなくなるよねっていうのはわかる」とコメントした。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■ふかわ「日本は日本人に冷たい」
子育て少子化ふかわりょうバラいろダンディ内山信二大島由香里兵庫県明石市
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング