マツコとミッツには「敵わない」 ナジャが2人への嫉妬や仕事観を告白

安東弘樹とロケにでかけたナジャがマツコとミッツに感じていた嫉妬や乗り越えてたどり着いた仕事観を語った。

2022/06/17 00:10

マツコ・デラックス・ミッツ・マングローブ

16日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、ナジャ・グランディーバがマツコ・デラックスミッツ・マングローブに嫉妬した過去を語った。



 

■安東とナジャがロケに

放送2,030回スペシャルウィークの企画で、安東弘樹の運転する軽トラックでロケにでかけたナジャ。移動中の会話で、安東は「入社して6年目で、安住アナウンサー(紳一郎)が入社して。そのときにやたらと比較されたんですよ」と話す。

そして、「とてもじゃないけどライバルみたいに思えないし、性格も本当に反対で趣味も合わないし、アナウンス部では数少ない本音で話せる相手が、安住アナウンサーだったんです」と告白した。


関連記事:マツコ、関ジャニ・村上にまつわる噂を完全否定 「ウソだからね」

 

■ナジャがマツコに嫉妬?

安東はさらに「それでも番組では『負けねえぞ安住』みたいなセリフを散々言わされて。なんかそういうふうに見るんだなって思いましたね。人にそんなに興味がないので」と語る。

するとナジャは「それだと嫉妬心が生まれないよね」と感想を口に。そして「私は多少あったよ。マツコ・デラックスが売れてきて、ミッツが売れてきて、その波に最後、ギリで出てきたわけじゃないですか」と話した。

次ページ
■2人にはかなわない

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

マツコ・デラックスミッツ・マングローブTOKYOMXバラいろダンディ安住紳一郎ナジャ・グランディーバ安東弘樹
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング