『夫を殺す方法』サスペンス作家が寄稿内容を実行 終身刑で仮釈放は25年後

ロマンチックなサスペンス小説を書く女流作家。しかし余生を刑務所で送ることになった。

2022/06/20 08:00

書斎・図書館・PC・本

アメリカ・オレゴン州の女流小説家であるナンシー・クランプトン・ブロフィは、夫を殺害した容疑で逮捕・起訴されていた。ポートランドの裁判所で開かれていた裁判がついに結審。被告に厳しい刑が下ったことを、『NBC News』『Fox LA』『Washington Post』などが報じている。



 

■「夫を殺す方法」を執筆

ナンシーは2011年、あるブログに「夫を殺害する方法」なるタイトルのエッセイを寄稿していた。誰もがそのエッセイを興味深く読んだが、それが彼女の本音であると疑う者はいなかった。

なぜなら彼女はサスペンス作家であり、巧妙な殺人の方法を編み出すことは重要な課題、仕事だったからだ。


関連記事:妊娠中の妻の頭をハンマーで撲殺した夫 浮気相手と一緒になりたい一心で…

 

■2億円近い生命保険金

それから7年後の2018年6月2日、ナンシーの夫で元シェフとして料理学校に勤務していたダニエル・ブロフィさんは、銃で胸を撃たれて死亡。そしてナンシーは140万ドル(日本円にして1億9,000万円弱)の生命保険金を受け取ったが、3ヶ月後に夫殺害容疑で逮捕された。

事件の前に拳銃を購入していたこと、高額の借金を抱えていたこと、そして事件当日、料理学校の近くで彼女の車が目撃されていたことが理由だった。

次ページ
■借金地獄だった

○○○○○○○○殺人事件【Amazonでチェック】

クレジットカード作家借金話題殺人事件終身刑エッセイ翻訳記事オレゴン州サスペンス小説生命保険金
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング