マッチングアプリで詐欺被害にあった男性 大金を送り海外まで会いに行ったが…

被害を訴え出た男性に、警察は「マッチングアプリの被害についてできることはほとんどない」と告げた。

2022/06/20 06:30

マッチングアプリ

カップルの出会いの場といえば、かつては学校、職場、友人の紹介、趣味のサークルなどが中心だったが、近年は「マッチングアプリで意気投合」というカップルが急増している。

だが、ときには悲惨な事例も…。イギリスの『Metro』がある男性の体験談を紹介し、同情の声が集まっている。



 

■30代での結婚を望む

体験談が話題になっている男性は、イギリス在住の39歳。プライバシーを重んじて名前などは明らかにされていない。最後に女性と交際をしたのは32歳のときだったそうだ。

「30代には結婚したい」とずっと思っていながら、気づいたら39歳に。さらに新型コロナウイルスのパンデミックで出会いの機会が全くなく、最終手段だと思っていたマッチングアプリに渋々登録することにしたという。


関連記事:エハラマサヒロ、新山千春のマッチングアプリ交際に反応 「芸能人が…」

 

■アジアの女性に興味

男性は、イギリスの女性たちは気が強く、平気で男を傷つけてくると感じていたそうだ。そこで友人から「その点、アジアの女の子はいいよ」と聞き、国際的な出会いを斡旋してくれるマッチングアプリに登録した。

ほどなくして、男性はシンガポール在住のサンディーさんという女性に惹かれていった。女性は子供を産み育て、安定した人生を望むシーク教徒だといい、WhatsAppを利用してやりとりを続けたなか、すっかり惚れ込んでしまったという。

マッチングアプリは 『メッセージ』が9割【2022年増補版】【Amazonでチェック】

次ページ
■お金を送り続けた男性
詐欺アジア話題アカウントイギリスシンガポールローン電話代公共料金送金マッチングアプリ自動車保険新型コロナウイルスパンデミック翻訳記事心臓病WhatsApp司法試験シーク教徒
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング