ブルドッグがイギリスで繁殖禁止に? 「苦しんで死ぬ病気リスク高い」と専門家

ペットは本当にかわいい存在。だが迎え入れる前に、病気のリスクを考えることも大切だ。

2022/06/20 07:30

ブルドッグ

クシャっとした顔に、短足でずんぐりとした体形が愛嬌たっぷりのブルドッグ。その人気は日本だけでなく世界でも同じだ。

だが病気になるリスクが高く、イギリスではこの先、繁殖と販売が禁止になる可能性があるという。『Daily Mail』や『Yahoo!』などが報じている。



 

■病気のリスクが他犬種の2倍

ブルドッグは特徴的な顔や体格で人々の心を鷲づかみにし、過去10年で人気が急上昇した。ところが、その姿ゆえに病気になるリスクが他の犬種の2倍も高く、獣医師や専門家たちは「苦しみながら生涯を終えるブルドッグは多い」とまで表現している。

そのため彼らは今、イギリス政府やブリーダーに向け、主にイングリッシュ・ブルドッグの繁殖と販売を禁止するよう訴えかけている。


関連記事:マイケル・ジャクソンそっくりさんが高齢男性と取っ組み合い イメージ壊す動画拡散

 

■皮膚炎やチェリー・アイなど

ロンドンにある英王立獣医科大学の研究によると、ブルドッグの特徴でもある顔や体のシワやひだは、皮膚炎や感染症を起こしやすく、発症率は他犬種に比べて38倍も高いそうだ。

さらに、目頭にある白くて薄い瞬膜(第三眼瞼)が飛び出してしまう「チェリー・アイ」と呼ばれる病気は27倍、下あごの突出は24倍と、いずれも発症率が高過ぎるという。またブルドッグの平均寿命は約8年。他犬種より格段に短いこともRVCは指摘している。

フレンチ・ブルドッグと暮らす (決定版 愛犬の飼い方・育て方マニュアル)【Amazonでチェック】

次ページ
■他にもさまざまなリスクが…
ペット話題ハグブルドック熱中症ドライアイ翻訳記事皮膚炎ペキニーズキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルチェリー・アイ短頭種気道症候群
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング