自身をトランスジェンダーと信じ10代で乳房切除した女性 1年たたず後悔する事態に

大手術などを受けた後になって、「失敗した」と考え悩む人も…。

2022/06/21 06:30

トランスジェンダー

出生時に割り当てられた性別に違和感を覚え、ホルモン療法や手術を受ける人もいる。その結果に満足する人が多い一方で、後悔してしまうケースもあるようだ。

治療前の姿に戻ることができず苦悩する女性に『New York Post』など海外のメディアが注目し、理由や問題点を伝えている。



 

■大手術を経て後悔

アメリカ・カリフォルニア州で暮らすクロエさん(17)は女性として生まれたが、12歳のときに「私はトランスジェンダーだ」と確信。13歳の頃には両親にも「男として生きたい」と打ち明け、ほどなくして男性ホルモン注射を受けるようになった。

15歳になると今度は手術を受け、両乳房を切除。しかしそれから1年もたたないうちに後悔するようになり、再び女性として暮らし始めたのだという。


関連記事:春名風花、周囲の人間に恵まれたと感謝 「『僕』と言っても受け入れてくれた」

 

■体型が変化しヒゲも…

男性ホルモンを摂取していたため、クロエさんのアゴのラインはずいぶん変化。肩幅もがっちりし、体毛やヒゲが生え濃くなった。

また乳房切除術の傷は、今も体に残ったまま。「やっぱり女の子として生きたい」と思っているクロエさんだが、妊娠が可能な体なのかも含め不安があるため、今も通院しているという。

次ページ
■インターネットの影響も…

トランスジェンダーの原理 (ポット出版プラス) 【Amazonでチェック】

体毛手術Instagram話題ヒゲ注射乳房トランスジェンダー精神鑑定翻訳記事性的少数者ホルモン治療
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング