おぎやはぎ、芸人ラジオを語る お笑いコンビにとって「ないとダメなやつ」

ラジオでも活躍するお笑いコンビ・おぎやはぎが「コンビにとってのラジオの重要性」を語り…。

2022/06/21 08:45

おぎやはぎ

20日深夜放送『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系)では芸人ラジオを特集。長年、ラジオパーソナリティを務めるお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明と矢作兼がラジオについて本音を漏らした。



 

■ラジオ芸人特集

実力派芸人やお笑いカルチャーを取材、関係者・ウォッチマンたちの証言をもとに面白さの秘密や歴史を調査するのが同番組の趣旨。

今回は、芸人がパーソナリティを務める「芸人ラジオ」について、ラジオの帝王・伊集院光をゲストに迎えて紐解いていった。


関連記事:爆問・太田、朝ラジオで漏れたパンサー向井の本音に苦笑 「いい加減にしろ」

 

■おぎやはぎにとってのラジオ

「コンビ芸人とラジオの関係」を調査するため、長年に亘りTBSラジオで『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』のパーソナリティを務めるおぎやはぎに「ラジオとは?」と質問する。

矢作は「気づいたらさ、もうないとダメなやつになってますよね」と吐露。

小木も「そうね、週に1回こういうの(ラジオ)はほしいかなっていうのは」とそれに追従し、「こういうのがないと矢作との会話も(ない)、プライベートの。矢作と話に来る場所です、ここは、お互いが」とコンビにとって大切な場所だと主張した。

次ページ
■アンタッチャブルも…

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

ラジオテレビおぎやはぎ矢作兼伊集院光小木博明アンタッチャブル山崎弘也アンタウォッチマン!
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング