ホームレス男性が車で猫47匹を世話 気温上昇で飼育困難になり当局が出動

過去にも多くの猫を飼い、結局は手放すはめに…。


 

■さまざまな声が噴出

47匹もの猫を抱え、世話をしようと努力はしていたという男性。手放すまでの経緯を報じられるなり、人々からは「気の毒な状況だ」「男性も大変な思いをしたのだろう」という声が噴出した。

しかし1台の自家用車に47匹の猫を詰め込むことは、「虐待に近い」と判断した人も少なくない。しかも車内はずいぶん暑かったと伝えられたため、あまりにも無責任だと感じ憤った人もいたようだ。


関連記事:ペットロスの女性が愛猫の死骸を剥製に 「生き返るわけではない」と否定的な声も

 

■「ペットを捨てた経験」1割超

ペットを飼い始めはしたものの、結局は世話が困難になり悲しい決断を下す人もいる。Sirabee編集部が全国10〜60代の男女2,168名を対象に調査した結果、全体の11.9%が「飼っていたペットを捨てたことがある」と回答した。

勝っていたペットを捨てた経験者の割合

この男性は猫を捨てることはなかったが、申し分ない環境で飼育することは明らかに不可能な状態だった。

なお男性が猫を飼い出した時期は不明だが、かなり高齢の猫もいたという。最後まで安心し暮らせる場所が見つかるよう、多くの人が願っている。

・合わせて読みたい→女性が飼い猫の死にショックを受けクローン化 その選択に批判の声も…

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代男女2,168名 (有効回答数)

猫を飼う前に読む本:猫専門医が教える【Amazonでチェック】

ペットホームレス話題翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング