市川紗椰、大好きなフィギュアに「ラップ巻く」 その理由に記者陣も感心

市川紗椰が秋葉原ガンダムカフェ跡に23日オープンする「TAMASHII NASTIONS STORE」開店セレモニーに出席。熱きオタク心を開放し…。

市川紗椰

タレントの市川紗椰が22日、俳優・鈴木福、濱田龍臣と共に東京・秋葉原「TAMASHII NASTIONS(魂ネイションズ) STORE TOKYO」リニューアルオープンセレモニーに出席。記者陣が全くついていけないほどの深く強烈なフィギュア愛、アキバ愛を披露し、イベントを盛り上げた。


画像をもっと見る

 

■市川のオタク心に火がついてしまう

TAMASHII NATIONS

23日にJR秋葉原駅前にリニューアルオープンする同店。元は「ガンダムカフェ」(2022年1月閉店)のあった場所で、バンダイスピリッツ社が手掛ける大人向けコレクター商品ブランド「TAMASHII NATIONS」の世界唯一となる直営フラッグシップとなる。店内には同ブランド最新商品の展示・販売をはじめ、定期的にフィギュアや模型に関するイベントも開催される予定だ。

モデルながら相撲、フィギュア、ガンダム、鉄道など多彩なオタクジャンルを有する猛者として知られる市川。

「配信のお仕事でフィギュアについて語らせて頂いていますが、プライベートでも大好きで、家の中はTAMASHII NASTIONSの商品だらけ。以前秋葉原駅の東西自由通路にあったTAMASHII NASTIONSの前を、用事もないのに通ったりしてました」と旧店舗の思い出を添えつつ熱いフィギュア愛を語る。


関連記事:秋葉原で売れ残っていた「2000円福袋」 中には2万円超のレアグッズが…

 

■心のリセットに秋葉原

市川紗椰

トークセッション中には、大好きな秋葉原を「細胞がざわつく場所」と例えた。

「小学校の頃、まだ秋葉原駅前にバスケットコートがあった時代からよく通っていました。当時はアメリカに住んでおり、日本に来ると外国で対応する家電を家族で買ったんです。ジャンク屋だらけの裏通りをうろうろするのが大好きで(笑)。日本に戻ってからはしょっちゅうでかけてゲーセンで『戦場の絆』をプレイしたり。大学時代は徒歩圏内に部屋を借りて住んでました」と衝撃の過去を明かす。

記者陣に「ちなみにバスケコートを見たことある方いたら手を挙げていただけますか?」と質問すると、50人近いメディア関係者は沈黙。静かに手を挙げたのはsirabee記者ともう一人だけだったもよう。

「今は“疲れたな”という時、車でこの街を通るだけで細胞が活性化するんです。独特の非現実感、どこか浮世離れした感覚というのでしょうか。心のリセットボタンを押しに来ています」(市川)

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島』【Amazon】

次ページ
■フィギュアは「毎回3個買う」
ガンダムオタク秋葉原フィギュア模型市川紗椰駅長鈴木福濱田龍臣アキバ機動戦士ガンダムJR秋葉原駅
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング