103歳女性がスカイダイビングでギネス世界記録更新 「後悔しない」とポジティブ人生

とても元気な超高齢女性が「ワクワクしちゃう」と、またしても夢を叶えた。

2022/06/23 05:15

スカイダイビング・タンデム

いくつになっても、元気でありさえすればしたいことにチャレンジできる。空に魅せられた超高齢女性のある挑戦について、『Fox News』などの海外メディアが伝えている。



 

■90歳にして空へ

スウェーデンで暮らすルーツ・ラーションさん(103)は、ずいぶん高齢になってから空に興味を抱くようになった。

そこで、90歳の誕生日には思い切ってパラグライディングに挑戦。それを機に飛ぶことが大好きになり、102歳のときにはスカイダイビングを始めた。


関連記事:三山ひろし、『紅白』けん玉ギネス更新は「自信120%」 衣装も気合十分

 

■子供や孫らに見守られ…

5月29日のこと、ラーションさんは「夏が来ると新たにパワーがわくわね」「もうワクワクしちゃう、後悔はしないわ」と話し、再び上空へ。2人組で行うタンデムスカイダイビングに挑戦し、パラシュート降下最高齢のギネス世界記録更新に見事に成功した。

この日、地上では子供たち、孫・ひ孫らが待機。スムーズな着地に成功したラーションさんのもとにはヘルパーたちが駆け寄り、すみやかに無事を確認した。

次ページ
■成功した女性のコメント

不老長寿メソッド 死ぬまで若いは武器になる【Amazonでチェック】

話題スカイダイビング記録パラシュートギネス世界記録翻訳記事パラグライディング
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング