ペット施設を脱走し1時間半かけ帰宅した犬 飼い主不在でしょんぼり中に保護

飼い主が自宅にいないことも知らず、犬は施設から脱走した。


 

■無事に保護された愛犬

映像を見て驚いたカップルは、デクスターを預けていた施設にすぐに連絡。いなくなっていることを確認したスタッフがカップルの家に急ぎ、しょんぼりしていたデクスターを保護してくれたそうだ。

なお施設のフェンスは180センチ超。それをどうやってデクスターが越えたのかなど、詳しいことは分かっていない。


関連記事:中川翔子、Amazonの保護犬・猫を支援するサービスを称賛 「素晴らしい」

 

■飼い主いわく「賢い犬」

施設を抜け出し、知らない道を歩いて家に帰ったデクスター。この件についてカップルはメディアに「頭はとても良い犬なので驚いてはいません」「ただ(賢いせいで)ときどきこのような問題も起こしてしまうのです」とコメントしている。

事故にあうこともなく、施設の人に保護してもらえたデクスターについて、世間からは「すごい」と褒める声が噴出。同時に「施設がイヤだったのでは?」「管理が甘い」といった意見もネットに書き込まれている。

・合わせて読みたい→ビートたけし、ペットの無責任飼い主に怒り 保護団体に全財産寄付を示唆

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

Google グーグル GA01318-JP [Google Nest Doorbell スマート ドアベル バッテリー式] 【Amazonでチェック】

ペット話題飼い主脱走ホームシックフェンス翻訳記事スマートドアベル
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング