有吉弘行、熱中症を体験し警鐘鳴らす 風邪と勘違い「寒気が止まらない」

有吉弘行とマシンガンズ・西堀亮が実際に体験した「熱中症の症状・怖さ」を熱弁して…。

2022/06/27 08:25

有吉弘行

26日放送『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で有吉弘行とマシンガンズ・西堀亮が熱中症について言及。実体験をもとにリスナーに警鐘を鳴らした。



 

■工事現場で働くと…

6月にして気温35℃を超える猛暑日を記録している東京をはじめ、各地で熱中症への警戒が呼びかけられている。

「急に暑くなった」「どう考えても夏の顔してるよ、街が」と同話題に有吉が触れると、炎天下の工事現場でアルバイトをしている西堀は「35℃超えると、ハイエースから出た瞬間サウナに入ったみたいな感じする」と主張。

35℃を超えると声を出すのもツラいが「ときどき声を出し合うんですよ、なぜかというと熱中症は声に出るんですよ」と声の変化で熱中症を判断すると解説し、「手がつりだす」「(経口補水液の)OS-1が美味しく感じたらアウト」といった危険信号も語った。


関連記事:有吉、後輩のYouTube出演で嘆き 「ゴミみたいな扱い」「変な番組出ちゃった」

 

■有吉も経験あり

西堀は熱中症を経験済みで、すぐに日陰で休憩し水分や塩分を大量に摂取したが、仕事が終わるまで「動けなかった」「そんなに回復しない」と吐露。

ここで有吉も「俺も熱中症なったことあるから」と追従。「寒気が止まらないんだよな、暑いのに」「夜、クーラー止めて窓も開けて、30℃ぐらいにしてんのに、震えが止まらないんだよ」と症状を熱弁した。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■風邪と勘違い
有吉弘行ラジオ熱中症有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMERサンドリマシンガンズ西堀亮OS-1
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング