結婚した夫がまさかの「女性だった」と気づかず新婚10ヶ月 職業詐称と発覚し…

パートナーがまさかの同性だった。一度も疑わなかった女性の純粋さもあだとなってしまった。

2022/06/29 08:00

花嫁・新婦・結婚式・ウエディングドレス

結婚後にパートナーの新たな一面や真実を知ったという人は多い。許容できるものであれば良いが、解決が難しいと別居や離婚に発展してしまう場合も。

男性だと思っていた夫に驚愕の事実が発覚したという女性の話題を、アメリカの『NEW YORK POST』やイギリスの『The Sun』が報じている。



 

■ニューヨークに留学した医師

インドネシアのジャンビ市に住むNAさん(22)には、結婚して10ヶ月になる夫がいた。

ふたりの出会いはマッチングアプリ。男性の名前はアナフ・アラフィフさんとして登録され、プロフィールには「ニューヨークに留学経験のある医師」と記載されていた。

そんなアナフさんに興味を抱いたNAさんは、さっそくメッセージを送り、ふたりは連絡を取り合うようになった。


関連記事:「義母には赤ちゃんを会わせない」と怒る妻 夫が無視して家に上げ大バトルに

 

■母親が不信感を抱く

数週間デートをした末、アナフさんはNAさんの実家に招待され、1週間滞在することになった。当時NAさんの両親が体調を崩していたため、アナフさんは献身的に看病。両親はすっかり彼を気に入り、後にアナフさんがNAさんにプロポーズをすると、とても喜んだ。

ふたりは入籍したが、その後間もなくNAさんの母親はアナフさんが服を着て入浴する姿を目撃。度々金銭を要求してくることにも不信感を抱くようになった。

サイコパス: 本当に結婚する結婚詐欺師【Amazonでチェック】

次ページ
■夜の営みは目隠しを
デート結婚詐欺離婚留学医者裁判話題新婚別居入籍マッチングアプリ翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング