田原総一朗氏、『シン・ウルトラマン』を評価 「日本の安全保障を真っ向から描く」

1984年版の『ゴジラ』にスタッフとして携わった田原総一朗氏が、『シン・ウルトラマン』を評価した。

2022/06/29 01:10

田原総一朗

ジャーナリストの田原総一朗氏が、28日に自身のnoteを更新。公開中の映画『シン・ウルトラマン』を「日本の安全保障を真っ向から描く問題作だ」と称した。



 

■鑑賞後の感想を公開

20日更新のツイッターで、ジャーナリストの瀬尾傑氏・津田大介氏と共に『シン・ウルトラマン』を鑑賞したと明かしている田原氏。ツイッターには「日本の安全保障を真っ向から捉えた映画で大変面白かった」と投稿していたが、この日はnoteに詳細な感想をつづった。

事前の予想では、「観る前まで、僕は『シン・ウルトラマン』を、わかりやすく楽しめる大娯楽作品だろうと予想していた」という。


関連記事:つるの剛士、シン・ウルトラマンを息子と鑑賞 「あのときを思い出しました」

 

■予想を越えた作品

だが続けては、「ところが、である。ストーリーが進んでいくに従って、僕の予想は完全に覆された」と、期待を越えてきたことをにじませる。

さらに、次々と現れる巨大生物「禍威獣(カイジュウ)」に対し、劇中の日本政府が「禍威獣特設対策室専従班」なる組織を立ち上げる設定に触れ、日本の安全保障を考えさせられたというシーンを挙げていく。

次ページ
■「絵空事ではない」

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

ウルトラマン外交ゴジラnote樋口真嗣津田大介田原総一朗シン・ウルトラマン安全保障瀬尾傑
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング