ラランド・サーヤ、相方との格差を分析 「置いてきぼりにしたわけじゃなく」

ブレーク中のお笑いコンビ・ラランドだが、サーヤとニシダには大きな格差が生じており…。

2022/06/29 06:15

ラランド

28日、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』では同局の深夜バラエティ番組『トゲアリトゲナシトゲトゲ』の未公開トークを配信。ブレーク中のお笑いコンビ・ラランドのサーヤが相方・ニシダとの関係性に言及、格差コンビとなってしまった理由を力説した。

【動画】ラランド・サーヤがコンビ関係を語り…



 

■格差コンビ・ラランド

大学時代にコンビを結成したラランド。事務所に所属せずフリーで賞レースに出場して活躍、露出を増やしていった。昨今はサーヤが社長、ニシダが平社員の個人事務所・レモンジャムを設立し、多くのバラエティ番組で活躍中だ。

しかしメディアへの露出はサーヤが中心のため、コンビ間で大きな格差がある点でも世間には知られている。


関連記事:ラランド・サーヤ、ニシダが汚した楽屋の様子を公開 「一瞬で汚くする妖怪」

 

■学生時代のラランドは…

この日は「20歳のときはなにをしていた?」との話題で盛り上がるなか、サーヤは大学生でニシダとコンビを組んでいたと回顧する。

3時のヒロイン・福田麻貴は「そのときの2人の関係は? いまはもう社長と社員やん」と尋ねると、サーヤは「そんときから、実力差というかは…もう今と変わらないんですけど、向こうが態度で穴埋めしてきてたんで」と吐露。

「当時は同級生というので、格差がないように振る舞うのが超ウマかった」とニシダのマウントの取り方が見事だったと笑った。

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

次ページ
■上下関係が生まれた時期は?
テレビテレビ朝日3時のヒロイン福田麻貴ラランドサーヤニシダトゲアリトゲナシトゲトゲ動画、はじめてみました
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング