スケートボード界でもトランスジェンダー問題 女子の部で優勝した29歳選手に物議

トランスジェンダー選手の大きな体、強い筋肉に競技としての公平性を疑う声は多い。

2022/07/01 19:00

スケートボード

このところスポーツ界で、女子の部に参加して優勝をさらうトランスジェンダーの選手について、是か非かという議論が盛んになっている。それは、スケートボード界も例外ではなかった。『Free Beacon』『Mail Online』『NEW YORK POST』などが続々と報じている。



 

■優勝候補は13歳少女

話題となっているのは、ニューヨーク市で25日に行われた『The Boardr Open NYC』の女子の部。ファイナリストは10代の選手が最も多く、特に注目が集まっていたのは13歳のシャイロー・カトリ選手だった。

そんな中、最年長であるリッチ・トレス選手(29)が優勝し、500ドル(日本円にして約6万7,600円)の賞金を獲得。昨年優勝のカトリ選手は2位となった。


関連記事:元男性の女性競泳選手が記録更新中 水泳元世界王者は「公平な競技の場を」

 

■女性選手の反感高まる

トレス選手がトランスジェンダーだったことについて、2位のカトリ選手は沈黙を続けているが、ほかの多くの選手は反発。スケートボードのダイナミックなパフォーマンスを支えるのは強靭な筋力であり、公平性に欠けると主張している。

折しも『ワシントンポスト』は先週、ある世論調査の結果を発表していた。それによると、アメリカの人々の62%が「アスリートは性同一性障害に関係なく、生まれたときの性別で参加するべき」と答えたという。

次ページ
■歴然とした体力・筋力差

トランスジェンダーの原理 (ポット出版プラス)【Amazonでチェック】

話題パフォーマンス体力スケートボードトランスジェンダー筋力翻訳記事公平性国際水泳連盟国際ラグビーリーグ連盟リッチ・トレス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング