コロナ禍で街コンに「異変」が… マスクがもたらした”意外なメリット”

かつて一大ブームになった街コン。ここ数年で驚きの「進化」を遂げていて…。

2022/07/02 06:00

街コン

大人数の男女が一堂に会することで絶大な人気を博した街コン。中には2,000人以上集まる大規模なものもあった。

コロナ禍で大人数で集まりにくくなったいま、街コンはどうなっているのか。じつは、ここ数年で「進化」を遂げていて…。

【写真】「進化」した街コンの実態


画像をもっと見る

 

■2,000人以上集まるものも

街コンは、2004年に栃木県宇都宮で行われた「宮コン」が発祥だと言われている。イベントによって異なるが、一度に2,000人以上の男女が集まる大規模なものもある。

事前にイベントサイトから申し込み、会場に着くとスタッフからプロフィールカードを渡され、名前や職業、趣味などを記入するのが一般的だ。一時期、テレビや雑誌でもたびたび特集が組まれた。

ただ、コロナ禍で世の中が一変したここ数年の街コンに関してはあまり報じられていない。

街コン

街コン


関連記事:高須院長、”屋外ノーマスク化”で持論展開 医師仲間も「ゴルフのプレイ中に…」

 

■オンラインイベントを開催

いま、街コンはどうなっているのか。イベントサイト「machicon JAPAN」を運営する株式会社リンクバルに話を聞いた。

「2020年4月に緊急事態宣言が発令され、対面のイベントはすべて掲載ストップになりました。ただ、弊社では緊急事態宣言発令前からリアルで会える場がなくなる可能性を鑑み、出会いの場を提供し続けるべく、オンラインイベント『V BAR(ブイバー)』を同年3月にリリースしており、200人以上集まるイベントもありました。一度に全員で話し始めると声が聞こえなかったり、話す人が偏ってしまったりするため、少人数でお話できるようルームを分けるなどして対応しています」(リンクバル 広報担当者)。

そもそも、街コンは大人数で集まっても複数の飲食店に分散し、少数のテーブルを回るイベントだ。オンラインでもその点は変わらないのだろう。

オンラインならではの利点もあるようで…。「おひとりで参加される方が増えました。以前から、女性のお客様を中心に『年齢が上がると街コンに誘える友達が少ない』という声をいただいていました。一緒に街コンに行く相手がいない、仕事で現地まで向かうと時間が間に合わないという方であっても、オンラインなら自分のタイミングで入ることができます。終電も気にしなくていいので、平日の午後9時スタートなど夜遅いイベントもありました」(前出・リンクバル 広報担当者)。

街コン

異性に会う前に【Amazonでチェック】

次ページ
■街コンのメリットを再認識
合コン男女婚活恋人街コンオンライン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング