全身516ヶ所に手を加え世界一の改造人間になった男性 「悪魔のよう」との評価も

前頭部のツノばかりか、腕をはじめ体のあちこちにシリコンを埋めて作ったコブが…。

2022/07/03 18:00

タトゥー

身体改造にハマり、20年ほどの間にほぼ全身に手を加え、外見をすっかり変えてしまった男がドイツにいる。『Daily Star』が最新の姿を報じ、その恐ろしい外見が人々に恐怖を与えている。

【写真】身体改造の世界ではカリスマ的存在のドイツの男性



 

■人生前半は「地味な男」と

話題の男性は、ドイツのドルトムントに暮らすロルフ・ブッホルツ(Rolf Buchholz=62)さん。彼は40歳のとき、地味なコンピュータ技術者だった自分の人生にウンザリするようになった。

「つまらない男」を卒業しようと、ロルフさんはピアスを購入。その美しさや身体改造の面白さにとりつかれ、無我夢中であちこちに穴を開けていったという。


関連記事:夫に相談せず幼い娘にピアス穴を開けた女性 「母親と決めた」に掲示板が炎上

 

■「悪魔のような男」に

気がついたときには、顔がピアスだらけになっていたロルフさん。体に彫ったタトゥーが皮膚の90%に及ぶようになると、世間から「悪魔のようだ」と言われるようになった。

『ギネス世界記録』は彼を2010年に世界一のピアス人間と認めていたが、2012年以降は、世界一の改造人間としても認めている。

次ページ
■身体改造は舌や性器まで

タトゥーデザインカタログ【Amazonでチェック】

タトゥードイツシリコンピアス悪魔ロープ磁石ギネス世界記録身体改造翻訳記事ドルトムントロルフ・ブッホルツ改造人間
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング