抗がん剤副作用で弱った夫が新型コロナ感染死 妻は治療法への罪悪感を告白

がん宣告に続き、まさか新型コロナウイルスにも…。夫の死に妻が打撃を受けた。

2022/07/03 05:15

高齢者・老夫婦

大きな病気を患った夫に、元気になってもらいたい。そう考え治療を勧めたが「先立たれてしまった」という女性が、「私のせいでこんなことに…」という罪の意識に苦しんでいる。



 

■突然のがん宣告

海外で暮らす女性(68)の夫(70)が、今年に入ってすぐの頃にがん宣告を受けた。結婚から40年。幸せだったふたりは事実に打ちのめされたが、病院の医師たちは「すぐにでも抗がん剤治療を始めましょう」と勧めてくれたという。

女性もそれに喜び安堵したが、夫の反応はイマイチ。そのまま入院することを嫌がり、とりあえずは家に帰りたいと言い出したのだ。


関連記事:見ず知らずの人に「病院に行って」と助言された女性 皮膚がんと判明し命拾い

 

■死因はまさかの…

夫は「自宅に戻りたい」と望んだが、心配した女性は「すぐに抗がん剤治療を受けたほうがいい」と説得。夫もそれに応じ治療を受け始めたが、副作用で体力が著しく低下してしまった。

そんななか、夫は新型コロナウイルスに感染。弱っていた夫はウイルスに打ち勝つことができず、そのまま衰弱し息を引き取ってしまった。

抗がん剤治療と上手につきあう本【Amazonでチェック】

次ページ
■自分を責め苦しむ日々
罪悪感がん抗がん剤新型コロナウイルス翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング