田中みな実、失恋時の周囲からのアドバイスに本音 「ナンセンスですね」

『あざとくて何が悪いの?』で、失恋した女性の気持ちを田中みな実と弘中綾香アナらが代弁して…。

2022/07/04 11:45


田中みな実

3日深夜放送『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)で、女優としても活躍するフリーアナウンサー・田中みな実とテレビ朝日・弘中綾香アナが「失恋した際の女性の気持ち」を熱弁した。


 


 

■あざと連ドラを鑑賞

芸能界屈指のあざと女子の田中と弘中アナが中心となって、世のあざとい男女のテクニックを検証・議論していく同番組。

この日は同番組の人気企画・あざと連ドラ新シリーズ『東京であざとく頑張って何が悪いの?~上京ガールの成長日記~』の第5話を放送。前回、遠距離恋愛中だった彼氏に振られた主人公・花のその後が描かれていった。


関連記事:田中みな実、失恋から立ち直る方法を力説 「自分が体感しないといけない」

 

 

■失恋時の女心

同ドラマを鑑賞しつつ、「周りに失恋した友人・知人がいたらどんなアドバイスをするか」「自分が失恋したときはどんな声をかけてほしいか」を、田中と弘中アナ、進行役の南海キャンディーズ・山里亮太が議論していく流れに。

田中は「失恋したての人にアドバイスをすることなんてナンセンスですね。絶対いらない。アドバイスなんていらないよね、そっとしておいてほしいよね?」と同意を求めると、弘中アナは「はい、相づちのみです」と賛同。2人は「聞く、肯定する、ずっと励ます」のが大切だと力説した。

失恋、離婚、死別の処方箋【Amazonでチェック】

次ページ
■田中の実体験
テレビ山里亮太テレビ朝日田中みな実南海キャンディーズ弘中綾香あざとくて何が悪いの?あざと連ドラ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ