父親に「ブサイク」とけなされ続け自信喪失 両親と絶縁した中年男性が苦悩を告白

血がつながった親との絶縁は、あり? それともなしなのか…。

親子・親子喧嘩

家族だからといって、無条件で愛し、仲良く付き合えるわけではない。ある男性は実の親にけなされ続け、精神的にも不安定に。ついには縁を切ったが悩んでいるという相談に、回答者が適切なアドバイスを送った。



 

■父親の言葉に悩んだ年月

イギリスのメディア『The Sun』の人気コーナー「DEAR DEIDRE」に48歳の男性が悩みを打ち明け、「とにかく父親からはけなされてばかりだった」とこれまでを振り返った。

男性の父親は特に容姿に関するネガティブな発言が多く、「お前はブサイクだ」「むさ苦しい」といった言葉を連発。そんな親に育てられたせいで男性は自信をすっかりなくし、不安障害とうつに悩むようになった。


関連記事:大やけど負った息子を両親が養育拒否 母親は転居し父親は寄付金を持ち逃げ

 

■口論を経て絶縁

そんな中、男性は父親と口論に。性格の悪さに辟易した男性は父親との関係を絶つことを決め、それからずっと口もきいていないのだという。

男性の母親も性格が悪く、やはり疎遠に。自身も父になった男性は愛情をかけ子育てしているが、このような形で自分の両親を失った心の傷はやはり深いという。

次ページ
■「絶縁は悪くない」とアドバイス

「毒親」の正体―精神科医の診察室から―(新潮新書)【Amazonでチェック】

父親話題毒親カウンセリングトラウマ絶縁翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング