ライフガードが素手でサメを撃退し生還 海水浴場で訓練中に起きた恐怖体験

「触った感触でサメだと気づいた」。男性は焦りボコボコに…。

ホオジロザメ・サメ・鮫

気温が上昇し、海に行く人が増えている。しかし場所によっては「サメがいないか心配…」という人もいるだろう。ある海では、ライフガードがサメに早速襲われてしまったことを、『New York Post』などアメリカのメディアが伝えている。



 

■訓練中に激痛が…

アメリカでライフガードとして活動するザカリ・ガロさんが、先日の午前10時15分頃に、訓練のため仲間たちと一緒に海に入った。しかしある瞬間に激痛を感じ、「何事だ!?」と驚いたという。

ガロさんは、かなり鋭い痛みと、その直後にあたかもゴムのような物が手に触れたとメディアにコメント。すぐに「サメだ」と気づき、反撃を開始したそうだ。


関連記事:国会前に居座るデモ隊に警察が対抗 童謡『サメのかぞく』を爆音でリピート再生

 

■素手で必死に反撃

手や胸のあたりを噛まれ負傷したガロさんは、サメを3度にわたり思い切り殴りつけた。その途中でサメの体の一部が胸を直撃したが、生きた状態で海から出ることに成功したという。

その後に病院に向かい、胸を何針か縫ってもらったあと自宅に帰ることを許可された。

次ページ
■遊泳者らに注意を促す被害者

ジョーズ (字幕版)【Amazonでチェック】

話題サメ海水浴ライフガード遊泳翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング