呪術師との誓いで誘拐殺人事件を起こした男 「男児が授かるなら何でもする」

妻が6月に男児を出産した際、男は「神が願いを叶えてくれた」と思ったという。

2022/07/17 19:00

儀式・魔術

生まれてくる子供の性別については、願った通りにならなことは多い。「次こそは…」と神にすがる人も多いが、インドのある男は呪術師に頼ったがために、凶悪な事件を起こしてしまった。『Times Now News』『Pipa News』などが伝えている。



 

■羊飼いの青年が殺害される

6日、インド・マディヤプラデーシュ州リヴァのベドホアという村で、大変身勝手な動機により、何の罪もない青年が殺害される事件が起きた。

被害者は、羊飼いをしているデイヴィヤンシュ・コルさん(19)。遺体はある寺院で発見されたが、そこにはエクソシズム(悪魔祓い)をする呪術師の女がいるため、警察はコルさんが生け贄として殺害されたのではないかと疑った。


関連記事:13歳少年が1歳女児を誘拐し殺害 自分と家族に屈辱与えた男への報復で

 

■男児欲しさに呪術師に相談

警察はさらに、ラムラルという男(32)が頻繁にその寺に通い、何らかの儀式を受けていたという情報を村民から入手し、本人に事情聴取を行った。

最初は無実を主張していたラムラルだが、少しすると事件への関与を認め、「妻との間に3人の娘がおり、次は何としても息子が欲しいと呪術師に相談していた」と話し始めた。

エクソシストとの対話 (講談社文庫)【Amazonでチェック】

次ページ
■「神はお怒りになる」と呪術師
インド話題寺院悪魔祓い呪術師翻訳記事エクソシズム羊飼い生け贄
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング