舛添要一氏、統一教会などカルト宗教について持論展開 「カルト110番の設置を…」

舛添要一氏が統一教会やオウム真理教などのカルト宗教の実態を語る。過去に接近されたことも…。

2022/07/17 12:45

舛添要一

第一次安倍政権で厚生労働大臣を務めた舛添要一前東京都知事が17日、自身の公式ツイッターを更新。統一教会などカルト宗教について触れた。

【ツイート】舛添氏「接近してくる団体がカルトかどうか直ぐには分からない」



 

■“カルト110番”が必要

舛添氏は16日夜から17日朝にかけて、カルト宗教についてツイート。

「安倍元首相暗殺事件でカルト宗教が問題になっている。統一教会、オウム真理教の他にもある」と、カルト宗教が問題になっていることを取り上げた。

「親がカルトに洗脳され子供まで入信させられたり、家庭崩壊の悲劇が生まれたりする」とカルト宗教の危険性についてつづり、対策としては、「アメリカのように、自治体に気軽に相談できる『カルト110番』を設置するとよい」とアメリカの例を挙げた。


関連記事:東国原英夫、旧統一教会との関係を否定 「思わず鼻からヤクルトを吹いた」

 

■カルト宗教は政治家や学者を利用

舛添氏はカルト宗教の活動の一部を明かした。

「カルトは様々な手段で政治家や学者を広告塔として利用する。東大助教授のとき、ある団体から海外でのシンポジウムに招待された。国会議員のときは別の団体が接近してきた」と、これまでにカルト宗教が近づいてきたと説明。

「よく調べると統一教会だったので拒否した」と続け、関わりを拒んでいたことを伝えた。「『政治家は頼まれれば断れない』とTVで言った評論家がいるが、そんなことはない」と、評論家の指摘を否定している。

次ページ
■カルト宗教はすぐには分からない

舛添要一『ムッソリーニの正体~ヒトラーが師と仰いだ男~』【Amazonでチェック】

ツイッターアメリカ安倍晋三洗脳舛添要一オウム真理教統一教会カルト宗教
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング